納豆減量

『納豆減量』は一時期番組等の捏造だと言われていたと思いますが、おしなべてそうと言い切れないとボクは思っています。

 

なぜならまさに体験してみたボクに各種影響がみられたからです。

 

昔から納豆は好きで頻繁に食べていましたが、その時は減量とか考えないで食べていたのでこれと言った効果は感じられませんでした。

 

それを減量にしようと考え始めたのは、分娩を終えてから、思うようにウェイトが減少しなかったからです。

 

生まれたばかりの乳児がいる結果、外に出ることもできないばかりか、日々の家庭も手付かずのシチュエーションだったので、やっと食物の中で出来ない賜物かと考えていました。

 

なので目をつけたのが『納豆』。

 

食べ方としては通常夕御飯半前に納豆単品で食すること!

 

3食の食物の中で、やはり条項しなくてはいけないのが夕御飯だと考えているので、先に納豆を食べるため食欲を押さえ付けることが出来たのです。

 

納豆は言うまでもなく“大豆”。

 

筋肉を形作り、保つのに必要なたんぱく質を数多く含んであり、低脂肪な食べ物なので誰にでも簡単に選べると思います。

 

また、効果はそれだけではありませんでした。

 

便秘傾向だったボクが、こういう納豆減量を通じてから通常便秘知らずで、皮膚も綺麗になったのです。

 

ですが、どんなに効果があるからと言って食べ過ぎには気を付けてください。

 

また、醤油のかけ過ぎも駄目。

 

塩気の取りすぎはボディーに良くありません。